2014年の人気記事ベスト5と今年の抱負

この記事をシェアする

少し遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。
年末は怒濤のごとく仕事が舞い込み、ある意味去年よりも修羅場と化していました。
いつものことではありますが、やはり何年経っても慣れませんね。

ただアパレル時代と違い、年末年始のセール準備に追われることもなく、正月をのんびり過ごせるのがフリーランスの魅力だと思っています。

スポンサーリンク

2014年を振り返る

さて、いきなりではありますが去年1年を振り返ってみたいと思います。
このサイトに限っては2014年9月21日に開設したため、まだ3ヶ月少々しか経過していません。
でも気が付いてみればアクセスも11月末頃より爆発的に(それまでと比べて5~6倍)増え、多くの方に閲覧いただいています。

2014年に人気だった記事ベスト5

まだ3ヶ月しか経っていませんが、開設から去年12月31日までにアクセス(PV)の多かった記事をリストにしてみました。
いずれもGoogleAnalyticsのデータです。

  1. エクセルで使える簡易簿記(白色申告)の無料テンプレートまとめ
  2. フリーランスにおすすめ!請求書のテンプレートまとめ
  3. 確定申告の種類とする人、しない人
  4. クラウドワークスなど利用時は確定申告を!実は経費にできる手数料
  5. フリーランスは源泉徴収される?されない?企業ごとに異なる対応

以上の結果となりました。

記事ごとの総評

簡易簿記用のテンプレートまとめ記事は、他の記事より圧倒的に多くの方に見てもらっています。
ただ4つほどしか無くてまとめと言っていいのか疑問ではありますが、探してみても意外と少ないんですよね。
今後見つけた場合は随時追加する予定です。

請求書のテンプレートも多くの方に見てもらった記事です。
フリーランスにとって請求書は切っても切れない存在。
請求書が無ければ、(場合によっちゃ)ご飯が食べられません。
シンプルで使いやすいものがベターですが、ちょっとこだわり派なら自作もアリです。

その他確定申告や税金にまつわる記事も多く見ていただきました。
税金関係は特にややこしいですから、私もまだまだ勉強中です。

上位5記事には入っていませんが、税金関係の下記の記事も合わせてどうぞ。

フリーランスが支払調書をもらえない理由
事業所得か雑所得か?確定申告時に覚えておきたい所得のポイント7つ

収入を振り返る

去年(2014)1年間も雑多に様々な仕事をこなしました。
よくよく考えたら、おそらく一番文章を書いた1年だったんじゃないでしょうか。
その原因は単純明快で、契約したクライアント数を増やしたからです。

だから相対的に収入も増え…あまり増えていないような気もします。
まだ計算していませんが、2013年とさほど変わらない感じが。
一件あたりの単価を下げると書くのは非常に楽ですが、逆に収入は増えないと言うジレンマになりますね。
ライターの宿命か、単価は永遠の課題だと思います。

2015年はどうするか

さて、過去を振り返ることよりも、これからをどうするか考えましょう。
今年はどう仕事をしていくかですが、まずは単価を3割ほど増やすことを念頭にしています。
今年の抱負は単価アップ、です。

現在1文字0.5円~0.7円ほどが多いので、0.7~0.9円ラインまで持って行きたいところ。
そうなると仕事の選別により力を入れる必要もあります。
もちろんこの仕事をやっている限りあまり選別できない上、量をこなさないといけません。

どう行動すべきか考える必要が出てくるかもしれませんね。

今年もよろしくお願いします

アパレルでは1~2月が閑散期になって売り上げが落ち込むのと同じように、フリーランスもこれから少し暇な時期がやってきます。
季節柄モチベーションが下がってしまうことだってあるかもしれません。

ただ、こういう時期こそフリーランスの見せ場であり、自分磨きのチャンスでもあります。
場合によっては大忙しの2月、ということも珍しくありません。
クライアントごとに、仕事の依頼量の明暗が分かれてしまうのが1~2月です。

このサイトも、まずは1年という節目を乗り越えることを考えます。
今後もマイペースに記事を更新していきますが、サービスやツールのレビュー、未払い報酬のトラブル解消法など、フリーランス向けの記事がメインになります。

今年も宜しくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ