フリーランスで仕事が無い時の対処法

この記事をシェアする

仕事がないときはどうする?

フリーランスの仕事をしていると、仕事がない時期もあります。仕事内容にもよりますが、特に閑散期となりやすいのが1月~2月ごろでしょう。収入も一気に減りがちなのでモチベーションも下がってしまいます。仕事が受注できればしめたものですが、もし無い場合はどうすれば良いのでしょうか。

モチベーション維持に努める

仕事がないときはモチベーションも一気に下がり、やる気すら無くなってしまうでしょう。逆にこうしたときこそモチベーションの管理が大切になります。急に仕事が舞い込んできてもやる気が出なくなり、納期に間に合わなくなるおそれがあります。気分転換をしてモチベーション管理に努めましょう。

タスク作業をしてみる

いくら閑散期で仕事がないといえど、文章作成のような特定ジャンルは常に仕事があふれている状態です。もし経験が無くてもタイピングが得意なら、ライティングの案件を受注してみましょう。未経験でもできる仕事もたくさんあります。

単価は安いもののクラウドワークスランサーズShinobiライティングのようなサイトでは「タスク作業」と呼ばれる仕事が常に掲載されています。ウェブから直接納品するだけで済み、自分の好きなときに仕事ができます。とてもお手軽なのでこなしてみてはいかがでしょうか。ちりも積もれば何とやら、です。

勉強する時間に充てる

せっかくまとまった時間が出来ているのですから、勉強の時間にあててもいいでしょう。仕事に役立つスキルの勉強や情報収集をするのもベストな選択肢です。気分転換にもなりますし、今後に活かせるなら書籍を読んだりインターネットで情報を集めましょう。

とにかく仕事を探す

クラウドソーシングサイトやSOHO仲介サイトを覗けば少なからず仕事があります。競合が多いと受注できる確率は低くなりますが、何も行動しないよりはマシです。イラストやデザイン系ならコンペ方式の仕事を探しても良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ