確定申告をしないと…”すっぽかし”に潜む危険

この記事をシェアする

「確定申告めんどくさい」

そう感じるフリーランスの方も多いでしょう。私も何度か確定申告はしていますが、やはり面倒です。でも万が一確定申告をしないとどうなるんでしょうか?

もし確定申告しないとどうなる?

確定申告をしなくても、所得が一定以下だったなら特に問題はありません。でも50万、100万の所得があって確定申告しないと様々なリスクを生むことになります。たとえば追徴金を支払うことになったり、重加算税が代表例です。更に悪質と判断されると脱税として刑事罰を受けることもあります。

税務署の調査が来る?

確定申告を何年もしないと税務調査が来ると言われていますが、所得が低い場合に限ってはそうでもありません。やはり脱税を疑われると税務署から問い合わせや直接訪問される可能性は高くなります。

脱税を疑われる

アフィリエイト収入を脱税したというニュースは珍しくなくなりました。フリーランスの場合も、収入があるにも関わらず確定申告をしないと脱税を疑われる可能性があります。実際は追徴金で済むケースが多いようですが、それでも追加で税金を支払うことに変わりません。たとえ数万円所得を低く申告しても、ばれたら終わりです

確定申告はするべき

フリーランスなら(白色の場合)38万円以下は確定申告する必要がありません。それ以上になった場合、たとえ少額でも確定申告はしておきましょう。後でトラブルにならないためにも必要と言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ