どう違う?似ているようで違う所得と収入の密接な関係

この記事をシェアする

スポンサーリンク

意外と知らない人も多い

税金の計算で良く混同されるのが収入と所得です。どちらも似ていますが、実はまったく違います。確定申告をする際には、必ず所得を申告することになるからです。

収入は報酬のことである

フリーランスの収入は、単純にクライアントから貰う報酬のことを言います。1年間の総収入は、全部の報酬を合算した合計です。たとえば1年間にA社から100万、B社から150万を受け取った場合、1年間の収入は250万になります。

所得は”手取り”

一方の所得は、いわゆる手取りになります。収入から経費や年金・健康保険料を差し引いた金額です。所得税と住民税が課税されるのは、この所得になるので注意しましょう。

まず収入から仕事で使用した経費を差し引き、次に1年間で支払った各種保険料を差し引きます。そして各種控除を適用し、最終的に出た課税所得に税率を掛けたものが翌年支払う税金です。

たとえば白色申告をするとして、収入が250万、経費が20万、保険料が計30万だったた場合、最終的な所得は200万になります。ここから更に基礎控除(38万円)を引くと162万です。この162万に対し、所得税と住民税が課税されます。単純計算すると、翌年支払う所得税が約8万、住民税は16.2万円です。所得税はクライアントが報酬支払い時に源泉徴収するケースが多いので、実際はもっと低くなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ