みんなで大家さんに無断転載されたので画像の著作権を考えてみる

この記事をシェアする

何にでも著作権があります。
例えば画像なら、作った人や撮影した人が著作権を持ってますよね。

皆さんは「みんなで大家さん」って知ってますか?
不動産投資会社なのですが、過去に大元の都市綜研インベストメントバンクが60日間業務停止処分を喰らうなど、まぁ色々な会社です。

そんな会社がブログを運営しているんですが、flappeで使用している画像を”連絡もなく、無断で、勝手にコピーして”使っていることを確認いたしました。

※flappeの画像の著作権は各権利者にあります

スポンサーリンク

これじゃ無断で大家さんだよ!!

こちらで確認したのは以下の3記事についてです。

※2016/03/03 16:55追記

抗議メールで送った3記事の画像はちゃんと削除してもらえたみたいですね。
しかし、個人的にはやっている行為自体が問題ではないかと思います。
詳しくは記事の続きで…。

※2016/03/03 21:40追記

画像の無断使用、まだありました…(笑)。

※2014/03/04 18:55追記

有料販売中の写真を無断使用している疑いもあります。

(有料写真を無断使用?)みんなで大家さんに無断転載された件の続き
flappeの画像が「みんなで大家さん」のする運営ブログで無断使用されていたのに続き、他にも無いか記事を入念にチェックしていました。 すると、うちと...

上記4つはどれも執筆者が違いますね。
外注ライターさんでしょうか?

当サイトもネットのフリー画像を使っていますが、基本的に他のブログからパクってきたりとか、コピペして使うような真似は一切していません。
ブログを運営している方なら、ちゃんと素材サイトから取ってきて、ライセンスもしっかり確認すると思います。

でも他のブログで使われている画像をそのまま取ってきたら、それはアウトです。
だって権利者が誰なのか分かりませんし、そもそもコピペの時点で大問題ですよね?

がしかし、上記のみんなで大家さんで使われている画像は、当サイトの画像をコピペして”お持ち帰り“しています。

そもそも権利者が私じゃないんだから、大問題ですよ。
ちゃんとライセンス確認した?してないよね?

それも法人運営のサイトとあっちゃ、どうやっても言い訳できないんじゃないでしょうか。

他にも無断転載が出てきた

他の記事も見てみましたが、どうやら他のブログからコピペして引っ張ってきたような、怪しい画像ばかりが使われています。

私は「他にもあるんじゃね?」と思い、色々記事をチェックし、出典元のサイトにアクセスしてみました。
そしたらね、明確に”転載・複製禁止“と書かれたサイトからコピーしたであろう、下手すりゃ著作権侵害になりかねない記事を発見しました。

上記の記事の中で、京葉銀行が出典元となっている画像があります。
下に「出典:これまでの通帳デザイン|京葉銀行について|企業・IR情報|京葉銀行」と書かれている画像ですね。

出典元のリンクをクリックしてみたのですが、記事で使ってる画像が表示されました(笑)。いや出典元コレちゃうやろ。

googleを使って京葉銀行のサイトを見つけ、ページの規約を確認してみました。
そしたらなんと、本サイトのご利用にあたってというページの中で、下記のように”明言”されていたんです。

同ページより一部引用します。

当ホームページに掲載された全ての内容(情報、商標、デザインなど)の著作権は、当行に帰属するものです。したがって、それらを無断で使用、複製、改変することを禁止します。

本サイトのご利用にあたって | 京葉銀行より引用

つまり“無断でコピペしたり使ったらダメよ“、と書かれているんですね。
でも上の記事はどうでしょう?ちゃんと許可もらってるんでしょうか?
多分許可取ってないですね。うちも勝手に持って行かれましたから。

画像の著作権をおさらい

さて、画像の著作権の話に移りましょう。
在宅でライターをやっていると、著作権には”常に”敏感でないといけないですが、クライアントから画像の提供を求められる場合もありますよね。

お金をもらって仕事をする以上、その要求にも応えなければいけません。

しかしネット上のフリー画像なら何でも言い訳ではなく、中には”商用禁止”とライセンスに書かれている画像も当然あります。

「え?ネットの素材サイトの画像ならどれも大丈夫でしょ?」、と思った方、その認識は大間違いです。

ネット上で公開されているフリー画像は、大きく分けると「商用利用OK」のものと、「商用利用禁止」のものに分類されます。
前者はどのようなブログやメディアでも使えるし、個人でも法人でもOKです。
しかし後者は少し複雑で、通常は個人運営の非営利ブログなど、”営利目的でない“サイトでのみ使用が許可されています。

基本的に法人サイトや営利目的(自社サービス・商品への誘導、宣伝など)のサイトで使うのはNG。
アフィリエイトは営利と見なされる可能性もありますが、判断は難しいところですね。

お金を貰う限り”商用”となる

そこで気になるのが、クライアントから報酬を貰って記事を作り、更に画像を提供する場合ですが、これは原則として商用に当てはまります。
つまり商用禁止の画像を納品したとすると、権利者から利用料や賠償請求が来てもおかしくはないんです。

みんなで大家さんの上記ブログであれば、もちろん商用に当たります。
仮に外部のライターへ記事作成を依頼し、かつ商用禁止の画像を使っていたとすれば、これは立派な権利侵害となるわけです。
普通なら権利者のライセンスを確認して使用しますが、恐らく快諾を得ていないおそれがあるため、ライターに賠償責任が求められてもおかしい話ではありません。

更に事をやっかいにしているのが、他のブログ・サイトから画像をパクってきた場合です。
他のブログサイトから画像を取ってきたとなると、そもそも権利者が誰なのか全く分かりません。

例えば個人ブログの記事で使われているアイキャッチ。
そのブログの運営者はフリー素材サイトの画像を使っている場合が大半で、著作権は元の素材サイト、あるいは画像を作った人が権利を有します。

しかし、第三者がそのブログから画像をパクったとすると、その画像の権利者は”元のブログの運営者”と勘違いするおそれも出てきます。

どうですか?「えっ?」、って思いますよね。
でもこれが画像の無断転載・コピペで最も問題とされる行為です。
元々どの素材サイトで公開されている画像か判断付かないから、権利者のライセンス確認できませんよね。

法人サイトから(京葉銀行とか)パクってくる場合も大問題です。
その法人が画像の権利を有している場合もあれば、画像の権利だけは別の誰かが持っているケースもあります。
例えば法人サイトが他の素材サイトの画像を使ってたり、ストックフォトとかで購入した場合ですね。

京葉銀行の例でいくと、恐らく京葉銀行が著作権を有していると考えられますが、みんなで大家さんの該当記事を見る限り、著作権保護法に抵触していると言えます。
許可を取っているなら話は別ですが、”使っちゃダメ!”と書かれているにも関わらず、ライターが確認せず使っている可能性がありますしね。

みんなで大家さんの問題点

みんなで大家さんのブログの問題点は以下の3つと考えられます。

  • 転載禁止の画像を使い、権利者の許可を得ていない
  • 記事の最終チェックができていない
  • ライターの著作権に対する認識の甘さ

そこから来る問題は、著作権保護法違反による刑事責任、及び民事での賠償責任じゃないかと思います。
ブログの運営が外部委託なのか社内部門によるものなのかは分かりませんが、いずれにせよ、会社の信用問題に発展しかねないんじゃないでしょうか?

私も一応抗議メールは送りました。
が、返事が来るのか曖昧なところ…電凸すべきだったでしょうか。

画像を使うときはライセンスの確認を

在宅のライターさんも多いと思いますが、もし画像を使うことになった場合、きちんとライセンスをチェックしましょう。
商用禁止と書かれているなら使わない、他のサイト・ブログから安易にコピペしないことが絶対守るべきポイントです。

しかしみんなで大家さんのブログ、ほんまに大丈夫なんですか?
どう考えても著作権的にアウトではないの?

ライターが「引用です(キリッ」、とか言ったらマジで笑います。
引用ですか?うちの場合は権利者が別ですよ?

ホンマにどうなっとるんでしょうな、著作権の認識。

このブログ記事を読んで怒りを感じた方、呆れた方、そしてお役に立ったなら、是非シェアをお願いできましたら幸いです。

最近無断転載が多いのでもうコリゴリですよ…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ