フリーランスにとっての営業とは

この記事をシェアする

フリーランスは営業が全て

念願のフリーランスとして独立。でも仕事がない…。実は最初の頃は良くあることです。ブログも開設したのに仕事が来ないと悩む方も多いみたいですね。でもこれは営業の方法が間違っていると言えます。フリーランスは基本的に営業が全てで、”待つ”ことよりも”攻める”ことに重点を置かなければいけません。

つまり、自分から営業をかけなければいけないのです。おそらくは営業をかけない限り仕事の依頼はこないといっても良いでしょう。フリーランスは待っていてはいけません。積極的に営業をかけていくようにしましょう。

駆け出しフリーランスで営業をする方法

まだコネもクライアントも無い駆け出しのフリーランスの方は、地道な草の根活動が大切です。FacebookやTwitter、LinkedIn、AboutMe、Tumblrなど、SNSや名刺代わりになるサービスはどんどん活用しましょう。ブログがあるならリンクを貼っても良いですし、FBのようなSNSなら横のつながりもできあがります。

SOHO仲介サイトにも積極的に登録しておきます。ほぼ毎日新着案件の案内メールが来ますので、朝一でチェックしましょう。サイトは2~3種類に絞り、少しずつ実績を作ることで徐々に仕事の依頼も増えていきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ