フリーランスが仕事を受注する方法

この記事をシェアする

フリーランスで仕事を受注する方法

フリーランスでもっとも大切なことが仕事の受注です。初めての仕事の受注になると、ドキドキする方も居ると思います。フリーランスとしての第一歩を踏み出すならしっかり受注方法を覚えましょう。

仕事を受注するには、知り合いのに紹介してもらう、スカウトを待つ、自分で応募する、と3つの方法が考えられます。以前働いていた企業や知り合いから仕事を貰えればベストですが、実際はそうもいかないしコネが無い方だって多くいらっしゃいます。ではどうするのか、もっとも確実な方法は自分から応募することです。

フリーランス仲介サイトを利用する

フリーランスの仕事を探すなら、専用の仲介サイトを利用しましょう。文書作成・データ入力・ホームページ入力など幅広いジャンルの仕事が紹介されています。@SOHOやSOHOビレッジなど、フリーランス専用の仕事紹介サイトはたくさんあります。こういったサイトを利用して気になる仕事に応募してみましょう。初めての方でも使いやすく、企業と直接契約を結びます。ただし会員登録が必要です。

クラウドソーシングを活用する

近年注目されているのがクラウドソーシングです。会員登録をして仕事に応募する点はフリーランス仲介サイトと同じです。ただし、クラウドソーシングの各サイトが仲介役になるところが違います。

企業とは直接契約ではなく、あくまでサイトが仲介役になり仕事をします。仕事を受注すると一定の手数料が引かれますが、安全性はもっとも高い方法です。サイトを通じて仕事のやりとりができたり、案件の管理をすることができます。手数料負担が気にならなければ是非利用すべきでしょう。

クラウドワークスランサーズが有名です。私個人としても一番おすすめの受注方法で、フリーランスの生命線となる報酬の未払いなどのリスクを避けることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ