フリーランスに必要な心構え

この記事をシェアする

フリーランスで働くときの心構え

一般的なサラリーマンは定時出勤・定時退社が基本です。朝から働き、夕方もしくは夜になると帰宅します。サービス業でもシフトに沿って動くため、基本的な部分は変わりません。

しかし、フリーランスは自分で働く時間を決めることになります。仕事をする時間と休日を自分で設定するのがフリーランスの醍醐味であり、逆に一番大変なところでもあります。ついルーズになりがちですが、フリーランスや在宅ワークをするなら時間の管理が必須になるでしょう。

時間の管理はしっかりと

会社勤めのときは時間も決まっていたため、スケジュールの管理もとても簡単だったと思います。でもいったんフリーランスとして働き始めると時間の管理が必要になります。

極端に言えば起床時間も自由、休憩も自由、働かなくても自由です。仮に1ヶ月仕事をしなくても誰にも怒られません。まさに夢のような話ではないでしょうか。

しかし、裏を返せばしっかり仕事と時間の管理をしなければいけないということです。フリーランスは基本的に仕事をしないと収入が入ってきません。サラリーマンと違い、会社から給料を貰えるわけではないのです。

働かないと収入にならないため、仕事の量と時間の管理を嫌でもすることになります。場合によっては今まで以上にスケジュール管理が求められるでしょう。これは副業する場合でも同じです。最低限働く時間と休日は設定するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ