フリーランスの実績とは

この記事をシェアする

フリーランスで大切なものは実績

フリーランスで仕事を受注するまでには山を越えなければいけません。最初から順風満点という方は非常に限られており、実績がなければ仕事すら貰えないことがほとんどなのです。特にホームページ作成・開発・デザイン・CADの仕事はその傾向が強くなっています。

逆にデータ入力や文章作成などは実績不要の仕事も多数あります。誰でも出来る分単価も安くなっていますが、在宅ワークを副業として始めたり、本業でもスキルがない方におすすめです。まずフリーランスに慣れるという意味でこれらから始めてみるのも良いでしょう。

フリーランスで実績を作る方法

フリーランスで大切な実績は、やはり仕事を受注するほかありません。たとえばホームページ作成などの仕事は過去の実績を大切にしています。自分で現役時代に関わった案件や、自作のホームページがあればそれを実績にするのが良いでしょう。仕事に応募する際はこの実績を必ず添付することが大切です。クライアント(発注元)も実績を見て、仕事を依頼するかどうか決めます。

仕事を受注すれば自然と自分の実績も積み重なっていきます。これは仕事のジャンルを問わず同じです。データ入力や文章作成、アプリ開発でも作り上げたものが全て自分の実績になります。

最初は実績も無く、仕事を慎重に選ばなければいけません。でも実績が積み重なれば、それを武器にどんどん仕事を受注していけるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ