「フリーランス」という職業について

この記事をシェアする

そもそもフリーランスとは

フリーランスは昔からある働き方の一種で、自宅や小さなレンタルオフィスを借りて独立をする事を言います。仕事の種類は非常に多岐に渡りますが、インターネットが普及してからは文章作成、データ入力、ホームページ作成やウェブ開発、グラフィックデザインなどが主流になっています。何か得意なスキルがある方や、今までの業務経験がある方は存分に活かすことが出来るでしょう。

フリーランス業務の難易度

デザインや開発などはスキルと知識が必要になります。一方でデータ入力や文章作成(ライティング)は特殊なスキルも必要ありません。特に得意分野がない、これから始めたいという方はデータ入力や文章作成の仕事がおすすめです。

少し変則的な方法として、今まで働いていた会社から仕事を受注する方法もあります。少々険しい道のりとなりますが、顧客を見つけて独立する方法です。ホームページ作成やデザイン系なら十分検討の余地があるでしょう。ただし、勤め先によっては顧客を奪ったとして賠償責任を負う可能性があるなどリスクは高くなります。退職前には確認が必要でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク

この記事をシェアする

フォローはこちら

スポンサーリンク

コメントはこちらへ